ベルトコンベアーを停止させずに給油作業をさせた採石業者を送検 鹿沼労基署

2017.03.03 【送検記事】

 栃木・鹿沼労働基準監督署は、給油作業中にベルトコンベアーを停止させなかったとして、採石業の㈱双葉(栃木県鹿沼市)と同社工場長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで宇都宮地検に書類送検した。

 平成28年4月、同社の砕石工場において、同社労働者がベルトコンベアーを停めずに回転軸に潤滑油を差していたところ、左袖が巻き込まれ死亡する労働災害が発生している。同社は普段から、停止したり覆いを設けるなどの危険防止措置を講じないまま、給油作業をさせていた。

【平成29年1月20日送検】

あわせて読みたい

ページトップ