伐木作業時に牽引道具が直撃して死亡 森林組合を送検 十日町労基署

2017.03.02 【送検記事】

 新潟・十日町労働基準監督署は、労働者に伐木作業を行わせる際に危険防止措置を講じなかったとして、ゆきぐに森林組合(新潟県上越市)と同組合森林事業部長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で新潟地検高田支部に書類送検した。平成2810月、同組合労働者が死亡する労働災害が発生している。

 被災者は、同僚2人とともに十日町市内の私有地で高さ30メートルの杉の伐木作業に従事していた際、作業に用いるチアホールと呼ばれる牽引道具が直撃して死亡した。同労基署によれば、木が予定と違う方向へ倒れたため、チアホールが木から外れたという。

【平成29年2月6日送検】

あわせて読みたい

ページトップ