賃金支払うよう是正指導するも応じず 地質調査会社を書類送検 武生労基署

2017.02.27 【送検記事】

 福井・武生労働基準監督署は、労働者に対して賃金を支払わなかったとして、㈱山田地質調査コンサルタント(福井県越前市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で武生区検へ書類送検した。

 同社は正社員2人に対し、平成27年9月~28年2月、および同年5~9月の計9カ月分の賃金を支払わなかった疑い。不払い総額は3986,400円に達する。立件対象期間以外にも不払いは発生していた。経営不振などが原因。

 同労基署は、寄せられた情報を基に調査を開始。是正指導をしたものの応じなかったため処分した。

【平成29年2月13日送検】

あわせて読みたい

ページトップ