中小企業のデジタル化 「経営課題」との認識が7割 取組み率は3割 大阪シティ信金調べ

2021.03.21 【Web限定ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪シティ信用金庫は、中小企業のデジタル化に関する調査を公表した。7割が経営課題として挙げているものの、実際に何らかの取組みをしている割合は3割未満に留まる。

 IT技術を使い、業務プロセスの高度化や新たなサービスの創造などを実現することを指す「デジタル化」について重要性を尋ねたところ、「重要な経営課題」としている企業は38.4%だった。「経営課題の1つ」との回答は…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ