中小企業300社を選出 生産性向上や担い手確保の観点で 中企庁

2021.01.26 【Web限定ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 中小企業庁は、2020年度版の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」を公表した。「生産性向上」「需要獲得」「担い手確保」の3分野で企業の事例をまとめている。

 たとえば生産性向上に関しては、従業員の働き方改革と非熟練工の人材活用を実現したケース、自己を前提とした安全対策で創業以来事故ゼロを達成した事例、従業員の資格取得を奨励して技術力を底上げしたケース――などを収載している。

あわせて読みたい

ページトップ