「社内の事務手続きに齟齬」 労災の報告怠った家具製造業者を送検 堺労基署

2017.02.13 【送検記事】
  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 大阪・堺労働基準監督署は、労働者死傷病報告書を遅滞なく提出しなかったとして、木製家具製造業者の㈱キャンドール(大阪府堺市北区)と同社代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。

 同社は平成28年2月、労働者に昇降盤を使った木材の切断作業をさせていた。この時、同労働者が指1本を負傷して4日以上休業する労働災害が発生していたにもかかわらず、同年7月末まで労働者死傷病報告書を提出しなかった。

 同労基署によれば、同社は「提出の義務は分かっていたが、社内の事務手続きに齟齬があり提出していなかった」と話しているという。

【平成29年1月20日送検】

あわせて読みたい

ページトップ